« 人を資産とみなさずコストとみなす | Home | サイレントプア »

Apr 272014

プロダクトパンフレットの歴史

個人で運用されているのだろうと思いますが、結構なボリュームで見ていて楽しい。
集合知で補完すればより充実しそうだけど、他人の関与が入った瞬間に無意識に作動していた責任という名の緊張の糸がプチンと切れて、そのまま枯れていくなんてサイトはこれまでたくさんあった。

理屈は正しくても、その理屈が作動する条件は目に見えるものばかりではない。色々なモノの存在理由は、感情的なものだったり、本人でさえ説明のつかないものだったりすることがある。

PS.左カラムのメーカーリストがスクロールが出来ないのでVictorまでしか見れないのであります。

Leave a comment

Search and Archives