« 世田谷楽市楽座 | Home | 祭り祭り祭り »

Nov 052014

「ユーザのため」は何のため?

「ユーザのため」という耳触りの良いオウムのように連呼される言葉が、自分が生き残るための戦術の一つに過ぎないことを失念した先には落とし穴が多数出現してくる。
日本人には自己犠牲、滅私奉公を美徳とする文化傾向があるので、感覚的にそれと混同することで一種の陶酔感を得ている可能性があるのだけど、そこは注意。

「ユーザのために」と連呼するUX系コンサルがいるならば、そのコンサルが本当にクライアント(ユーザ)のためにどう稼働しているかを見定め、その延長線に何が待っているのか推測しないと落とし穴に落ちる可能性がある。

Leave a comment

Search and Archives