« 「いのちをいただく」という感覚 | Home | これがセンセイの力なのか? »

Feb 272019

PowerShellのカラーを変更する

2019-02-27_044954.png

Powershellで出力文字が全然見えずバグなのかと思っていたのだが、コピペすると文字は取得できるので色設定の問題だろうとぐぐってみたところ、同じ症状の人を発見。「PowerShell の配色を変えるには?

ココらへんから、Powershellの色設定の変更方法を調べて、ConEmu - Handy Windows Terminalとか、neilpa/cmd-colors-solarized: Solarized color settings for Windows command promptとか見つけたんだけど、MS純正のIntroducing the Windows Console Colortool - Windows Command Line Tools For Developersを発見したので、こちらを使ってみた。

使い方は簡単で、Releases · Microsoft/consoleから最新版をDLして解凍。Powershellで解凍先フォルダに移動して、以下のコマンドを実行。

colortool campbell
# campbellはcolor Scheme名

定義されているカラースキームは以下のような感じ。とりあえず、"campbell-legacy"に設定して、見えなかったものが見えるようになった。

  • campbell : The new default color scheme for Windows Console
  • campbell-legacy : The first iteration of the campbell scheme
  • cmd-legacy : The legacy defaults of the Windows Console
  • OneHalfDark : A dark vim-airline theme by Son A. Pham
  • OneHalfLight : A light vim-airline theme by Son A. Pham
  • solarized_dark : The dark version of a popular color scheme by Ethan Schoonover
  • solarized_light : The light version of a popular color scheme by Ethan Schoonover
  • deuteranopia : A color scheme targeted towards making red and green clearer to users with red green colorblindness, and deuteranopia.

ということで、忘れないようにメモ。

Leave a comment

Search and Archives