« Office365のパスワード期限 | Home

Jun 042019

SpreadSheetの条件付き書式のカスタム数式

よく忘れるのでメモ
基本的には判定条件を"="で挿入し、"True"の場合に書式が適用される。列値に$指定が必要。

単純な判定

例)A列数値がB列数値よりも大きい場合に着色

=$A1>$B1

演算結果の判定

例)A列数値/B列数値が1以上の場合に着色。

=$A1/$B1>=1

日付の判定

例)今日より前の日付の場合に着色(A列は"5/30"という日付入力)

=$A1<today()

例)今年より前の年の場合に着色(A列は"2010"という年入力)

=$A1<year(today())

この場合、空セルも着色されるため、IF文を用いて空セルを除外

IF文を用いた判定

例)今日より前の日付の場合に着色(空白の場合にFalseを返却)

=if($A10="",False,$A10<today())

複数条件の判定

例)A列が"Apple"、且つ、B列が100以上の場合に着色

=AND($A1="Apple",$B1>=100)

例)A列が"Apple"、もしくはB列が100以上の場合に着色

=OR($A1="Apple",$B1>=100)

例)「A列が"Apple"、且つ、B列が100以上」もしくは、「A列が"orange"、且つB列が50以上」の場合に着色

=OR(AND($A1="Apple",$B1>=100),AND($A1="orange",$B1>=50))

正規表現の判定

文字列の複雑な判定を行う場合は、正規表現"REGEXMATCH"を用いる。
判定対象は「Apple,Banana,Dog」「Orange,Cat」「Banana,Apple,Orange」「Dog,Apple,Banana」「Orange,Apple」という文字がA列に入力されたセル。

例)"Apple"が指定されている場合に着色(プリセットあり)

=REGEXMATCH($A40,"Apple")

例)最初に"Apple"が指定されている場合に着色(プリセットあり)

=REGEXMATCH($A40,"^Apple")

例)"Apple"が最後に指定されている場合に着色(プリセットあり)

=REGEXMATCH($A40,"Apple$")

例)"Apple"が最初と最後以外に指定されている場合に着色

=REGEXMATCH($A40,".+Apple.+")

例)"Apple"が"Banana"より後に指定されている場合に着色

=REGEXMATCH($A40,"Banana.+Apple")

正規表現は色々な指定方法ができるので、このへんは各自で・・・

参考:Google スプレッドシートで条件付き書式ルールを使用する - パソコン - ドキュメント エディタ ヘルプ

Leave a comment

Search and Archives