« Optimus it L-05Dのメディアスキャンが終わらない件 | Home | ChromeのProfile管理 2013 »

Oct 302013

MacBook Pro Retina

不本意ながら... すいません

えー、先週日曜日に突然Macbookのディスプレイが死にまして、プレゼンなどあった手前、慌てて新しいのを購入したわけですが、その翌日に新Macbookが発表、販売となりました(汗

で、その時JISキーボードの在庫が無く、USを買ったんですね
とおい昔はUSだったのですが、愛用しているキーボードメーカー東プレのREALFORCE86Uが廃盤になって以降、JISキーボードの製品しか無くなったのでJISに統一した。んで、それをまたUSに戻すか?って言われるとやっぱ東プレ愛のほうが優っていて、JIS、US混合で乗り切るか・・・と諦めていたわけです。
東プレ株式会社 - キーボード(Realforce)

ただ苦渋の表情を浮かべる私を見かねて、Appleのジーニアスが
「2週間なら返品できますので、JISが入荷したら交換したらどーすか?」
みたいなことを言ってくれたわけです。

で、1週間USで頑張ってみました。

手が震えました。
まるで禁断症状のように・・・

ということで、本日Apple Storeに電話しました。
50分近く待たされました。

応答したので怪しい日本語を駆使するジーニアス。
状況を説明しましたが、理解してくれているのか不安です。

とりあえず同じ型の(前の型)15インチPBのJISは無い。
そもそも前の型なんて在庫がねえんだよと言われました。

では最新のPBならJISはあるのか?と問いました。
アルヨ!

値段を聞きました。
・・・あれ?安くなってる・・・

渋谷に走り、返品、新型に交換。
お釣りがもらえました(カード決済ですが)

おじいちゃんの遺言で、Appleのファーストロットは買ってはいけないと言われていましたが、
安い場合は特例です。

15インチ:2.3 GHz Retinaディスプレイ 2.3GHzクアッドコアIntel Core i7 (Turbo Boost使用時最大3.5GHz) 16GB 1,600MHzメモリ 512GBフラッシュストレージ(PCIeベース)1 Intel Iris Pro Graphics NVIDIA GeForce GT 750M (2GB GDDR5メモリ搭載) 内蔵バッテリー(最大8時間駆動)2

ということで、4回目のOSXとWindowsのインストールを行いました。
(そのうち1回は若者にやってもらいましたが)
で、詰まった部分がありましたので、φ(`д´)メモメモ...

OSXのBootcampアシスタントで、パーティションを分離してWindwosのインストーラーを起動。
言語、キーボードなどの設定を追え、インストール先ディスクの指定の段で、どのパーティションもインストール出来ないと言われ立ち往生。ドライバの問題かな?とドライバを探してみるも、どれがそれに相当するのかよくわからない。やむなくインストール強制中断。

OSXのディスクユーティリティでHDDを確認しても特に問題なし。
Option+再起動でUSBメモリに格納したWindowsインストーラーから起動。
Windowsインストール画面表示。しかしマウスも無く、キーボードも反応なし。
あれれ?再度強制終了

検索したらどうも、一部のMacbookではBootcampアシスタントから起動しないと、そういう状態になることがあるらしい。で、Bootcampアシスタントを起動。しかし、Windowsをインストールの項目がDisabledになっており、Windowsのインストールに誘導できない状態。
しかたがないので、ディスクユーティリティでOSX領域以外のパーティションを削除して、OSX領域をHDD領域MAXに変更。
再度Bootcampアシスタント起動で、無事初期状態になりWindowsインストール項目選択可能。

で、再びWindowsインストール。
インストール先HDD選択。
やはりインストール出来ないと言われる。
その画面でインストール想定のパーティションを削除+再フォーマット。
これでインストール可能になった。(もしかしたらフォーマットだけでも良かったのかもしれない)
(以前これを前の型のPBでやったらOSXが死んだ経験があるのだけど、今回は大丈夫だった。)

で、あとは通常の手順でインストール。
おしまい。

で、これから色々Windowsの環境を整理(4回目)


Leave a comment

Search and Archives